August 7, 2020

研究員 谷本哲也

Waseda Chronicle(2020.08.07) 重症患者に効く安くて古いホルモン薬──コロナ世界最前線(10)

https://www.wasedachronicle.org/articles/covit19world/w10/

August 7, 2020

理事長 上昌広

日刊ゲンダイ(2020/7/30) 【コメント】世界のPCR検査数 日本159位の衝撃データ

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/276587

「現行の感染症法では、民間の医療機関や検査会社は、厚労省、国立感染症研究所、保健所の指示がなければ検査できません。濃厚接触者以外に、医療従事者やエッセンシャルワーカー、社会的弱者を無症状でも検査できる建て付けになっていないのです。法改正が必要なのに、厚労省や国の感染症対策分科会が横やりを入れている。法改正しない限り、検査...

August 7, 2020

理事長 上昌広

ZAITEN(2020年9月号) 【コメント】まだ続けるのか!?「甲子園」高校野球
「屋外スポーツの(新型コロナ)感染リスクが極めて低いことは中国で4月頃から発表された論文で明らかになりました。その研究結果を受けて、ドイツのサッカーリーグのブンデスリーガや、米国のメジャーリーグは再開時期を決めましたが、甲子園の中止を決めたのはその後です。中止の決定は科学的根拠からではなく、単に高野連や朝日新聞が日和っただけでしょう。
 高校生にとってはコロナよりも年々厳しさを増す暑さの方がはるかに危険です。コロナを理由に大会を中止し、...

August 7, 2020

研究員 坪倉正治

かつらお(令和 2 年 8月) 【コラム】坪倉先生のいきいき健康ナビ No.13 ※葛尾村広報誌(P17)

https://www.katsurao.org/soshiki/1/2020-kouhou.html

August 7, 2020

研究員 谷本哲也

Waseda Chronicle(2020.06.24) 【連載】マスクの常識を覆す172の研究総まとめ──コロナ世界最前線(4)

https://www.wasedachronicle.org/articles/covit19world/w4/


「医療関係者の間では、新型コロナの予防のためにマスクをしても医療現場以外では大して役に立たないと、当初は考えられていました。医療界の常識が覆った、その根拠の一つになる6月1日付けの論文では、医療用「N95マスク」は97%、その他のマスクでは65%、眼の防護で78%の感染リスク...

August 7, 2020

研究員 山本佳奈

医療タイムス(2020/8/5) 【コラム】コロナ禍と女性の健康

https://times-web.com/

August 7, 2020

理事長 上昌広

iRONNA(2020/8/7) 「生きるための安楽死」もう避けられない本格議論と日本社会の覚悟

https://ironna.jp/article/15567


「規範論を振りかざして問題を先送りするのではなく、オープンに議論しなければならない。繰り返すが、そのためには海外の事例から学ばねばならないのだ。
 各国が患者の自己決定権を尊重しながら、社会的合意を形成すべく試行錯誤を繰り返している。日本でも、大久保氏を批判するだけではなく、患者の視点に立って議論すべきである。」

共同研究 ワセダクロニクル、医療ガバナンス研究所

Waseda Chronicle(2020.08.05)

データベース新年度版を公開、寄付金項目も追加/8月8日にオンラインシンポ「医師は製薬会社の歯車か」https://www.wasedachronicle.org/articles/docyens/e12/

August 6, 2020

理事長 上昌広

日刊ゲンダイDIGITAL(2020/8/6) 【コメント】他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/276937


「韓国は首都圏でのクラスター発生で、濃厚接触者や感染者の周辺の人々を徹底的なローラー作戦でPCR検査を行い、感染者をあぶり出して隔離し抑え込みました。中国は北京のクラスターでは2000万人の人口のうち800万人のPCR検査で陽性を確認した400人を隔離してその後の感染を抑えています」
「日本ではク...

August 6, 2020

理事長 上昌広

Japan In-depth(2020/8/6) コロナで考える情報収集法

https://japan-indepth.jp/?p=53173

「日本の独自性を強調し、「日本モデル」などと賞賛するのは、多くは何らかの利権の関係者だ。世界中で日本だけで盛り上がった「PCR論争」など、その典型だ。『NEJM』『ランセット』『ネイチャー』(論考では世界のオピニオンをリードする媒体の編集部の考え方が推察できる。)で、PCR検査は擬陽性が多いや、絞るべきだと主張した記事は一つもない。

 厚労省や専門家会議の委員の意見は世界で珍しいもの...

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload