群馬大学腹腔鏡事件を考える

2016/08/02

 JPプレスで群大事件を解説しました。

 群馬大学の医療事故が世間を騒がせています。様々な改革案がでているようですが、私は実効性は薄いと感じています。

 問題の本質は人事です。特に教授の人事です。

 専門性の高い医療行為はピア・レビューが欠かせません。私は日本専門医機構の対応にも注目しています。

 吉村博邦理事長は「専門医制度を通じて、国民に対し良質な医療を提供するための諸施策を検討する」ことを講演などで明言しています。

 群馬大学は「拠点病院」に任命されるのでしょうか。各学会が認定してきたら、それを拒否するでしょうか?厚労省ですら、特定機能病院から外しました。対応に注目しています。

 

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47509

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload