埼玉県の産科崩壊

2016/10/21

小杉医師の文章です。彼は埼玉県出身。谷本勉強会で、この問題を議論しました。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48119
先日、厚労大臣経験者と議論しました。彼は、日本の医師数が増えており、世界の平均より少し少ないだけだと言っていました。問題は偏在であると。
では、埼玉県の問題は、どうやって改善するのでしょうか。人口は720万人。今後、医療需要が急増します。小手先の対応では無理です。

この大臣は、自分で考えたわけではないでしょう。役人の説明を、そのまま話していたかんじでした。
正確な情報を国民に提示せず、自らの都合の良い話だけを主張する。国民は判断できません。戦前の日本と何ら変わりません。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload