プラチナ勉強会(2019/9/19)

【テーマ】新聞の歴史とジャーナリズム

 

【概要】

「新聞」は、18世紀から19世紀にかけて、アメリカの独立戦争や フランス革命など、西洋の市民革命の中で生まれました。日本に伝 わったのは、江戸時代の終わり、幕末から明治維新にかけてです。

 経済の発展とともに新聞産業も大きくなってきましたが、本格的な デジタル時代を迎えた今、ネット世代の若い人たちに紙の新聞を読 んでもらえなくなってきました。ネット上には真実かどうか分から ない雑多な情報もあふれています。

 「歴史を記録し、真実を追求し、 権力を監視する」というジャーナリズムの灯を消さないためには、 どうすればよいのか?

 

 

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload