AERA

2020/07/08

理事長 上昌広

AERA(2020年 4/13 号) 【コメント】巻頭特集 新型コロナウイルス最前線 医療崩壊「回避」の主戦場は東京
ロックダウンすると守れる命も守れない/東アジアの致死率は欧米より低い

https://dot.asahi.com/aera/2020040600027.html?page=1


〔 転 載 〕AERA dot.(2020.4.7)
首都封鎖より「抗体検査」がカギに? 「感染者と抗体保持者で役割分担を」専門家が提言
「イタリアなど欧州の致死率は5~10%なのに比べ、韓国や湖北省以外の中国では1~2%で推移しています。日本は3%台ですが、これは検査数が少ないためで、実際の致死率はもっと低いはずです」

「欧州と東アジアの致死率の開きは、人種的なゲノム(遺伝情報)の違いによるなどさまざまな説がありますが、現状ではよくわかっていません。ただ、理由はどうであれ、東アジアの致死率が低いのは事実であり、その現実を冷静に見極めないといけません」

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload