日刊ゲンダイDIGITAL

2020/08/06

理事長 上昌広

日刊ゲンダイDIGITAL(2020/8/6) 【コメント】他国と何が違う? 政府の中途半端な方針が生んだ感染爆発

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/276937


「韓国は首都圏でのクラスター発生で、濃厚接触者や感染者の周辺の人々を徹底的なローラー作戦でPCR検査を行い、感染者をあぶり出して隔離し抑え込みました。中国は北京のクラスターでは2000万人の人口のうち800万人のPCR検査で陽性を確認した400人を隔離してその後の感染を抑えています」
「日本ではクラスターがあっても濃厚接触者以外PCR検査は実施していません。専門家会議が『無症状の人に検査をしても意味がない』ということを言い、希望者もよほど具合が悪くなければ受けられなかった。感染症法に基づけば検査は濃厚接触者に限られます。しかしこれがいまの大炎上につながるんです」

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload