AERA

2020/08/13

理事 久住英二

AERA(2020年 8/24 号) 【コメント】家庭内感染で「9月危機」

「いったん高齢者に広がれば、一気に重症者が増えて医療はあっという間に逼迫します。お盆の帰省や旅行でウイルスはさらに拡散されるはず。潜伏期間が2週間、発症から1週間程度で重症化する人が多いので、9月に入るころには全く違う状況になっているかもしれません」

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload