iRONNA

2020/08/07

理事長 上昌広

iRONNA(2020/8/7) 「生きるための安楽死」もう避けられない本格議論と日本社会の覚悟

https://ironna.jp/article/15567


「規範論を振りかざして問題を先送りするのではなく、オープンに議論しなければならない。繰り返すが、そのためには海外の事例から学ばねばならないのだ。
 各国が患者の自己決定権を尊重しながら、社会的合意を形成すべく試行錯誤を繰り返している。日本でも、大久保氏を批判するだけではなく、患者の視点に立って議論すべきである。」

Tags:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload