CareNet

研究員 尾崎章彦

CareNet(2020/8/27) 【取材】第21回 COVID-19の知見惜しみなくシェア・拡散、医学論文も“新たな様式”へ

https://www.carenet.com/hihyothu/021.html

 「データがオープンにシェアされれば、大学や研究機関に所属しない在野の医療者でもCOVID-19についての研究ができる。この流れは、医療以外の社会の流れと相まって、ますます大きな潮流になっていくのでは。さまざまなテクノロジーを使えば、あらゆる課題についてフットワーク軽く海外の人とも協同して仕事ができることが改めてわかった。

 放射能災害とCOVID-19は、原因となる物質が目に見えず、目に見えないことが恐怖をもたらすという点で共通点がある。

 フットワーク軽く調査に取り組みつつも、データの正確さや倫理面は当然担保しながら進めていくことが極めて重要だ。」