top of page

The Japan Times

理事長 上昌広

【コメント】Could omicron be the beginning of the end of the COVID-19 pandemic? 2021/12/31

『Asia’s low case counts

Globally, a marked discrepancy in the spread of the coronavirus was observed in the last few months with relatively low numbers of COVID-19 cases reported in some Asian countries including Japan, Cambodia, Indonesia and the Philippines — in sharp contrast to the large case counts seen in Europe and the U.S., in particular, said Masahiro Kami, executive director of the Medical Governance Research Institute, a Tokyo-based nongovernmental organization.

The U.S. and the U.K. reported record daily cases of more than 480,000 and 180,000, respectively, on Wednesday, while several European countries also posted fresh highs this week despite the rollout of booster doses. In Japan, daily tallies had stayed well below 500 before exceeding that level for the first time in 2½ months on Wednesday. Indonesia posted fewer than 200 new cases on Tuesday, sharply lower than its peak of around 50,000 cases in July, according to Our World in Data.

But for Europe and the U.S., South Africa has shown that omicron’s surge may be short-lived. Most viruses also attenuate as they evolve, which could put some damper on the latest wave of infections over the winter, Kami said.

Still, it’s too early to determine which direction the pandemic will go in 2022.

“The year 2022 may see omicron become largely contained if the virus attenuates or the sharp fall in new cases in Asia” happens in the rest of the world, Kami said. “Or the omicron variant could spur a surge that could lead to the repeated emergence of new variants.”』


--------(以下、機械翻訳のため原文を優先して下さい。)--------

アジアの低い患者数

日本、カンボジア、インドネシア、フィリピンなどのアジア諸国では、COVID-19の患者数が比較的少なく、特にヨーロッパやアメリカで多くの患者数が報告されているのとは対照的だと、東京のNPO法人医療ガバナンス研究所の上昌広理事長は述べた。


米国と英国は水曜日、それぞれ48万人、18万人という一日の患者数の記録を発表した。また、欧州のいくつかの国でも、追加投与が行われたにもかかわらず、今週は過去最高を記録した。日本では、1日の患者数が500人を大きく下回っていましたが、水曜日に2ヵ月半ぶりにこのレベルを上回りました。データで見る世界」によると、インドネシアでは火曜日、新たな感染者が200人未満となり、7月のピーク時の約5万人に比べて大幅に減少した。


しかし、ヨーロッパとアメリカにとって、南アフリカはオミクロンの急増が短期間である可能性を示しています。また、ほとんどのウイルスは進化するにつれて減衰していくので、冬にかけての最新の感染症の波には何らかの歯止めがかかる可能性があると、カミさんは言う。


それでも、2022年にパンデミックがどの方向に進むかを判断するのは早計だ。


「2022年、ウイルスが減衰するか、アジアでの新規感染者が激減すれば、オミクロンはほぼ封じ込められるかもしれない」と上氏は述べた。「あるいは、オミクロンの変異型が急増し、新たな変異型が繰り返し出現する可能性もあります。


Comments


bottom of page