October 30, 2017

 ボストンの大西睦子さんの文章です。フェイクニュースは健康記事でも大きな問題になっているようです。


命を削る健康フェイクニュースの見分け方 | ボストン発 ウェルエイジング実践術 | 大西睦子 | 毎日新聞「医療プレミア」

https://mainichi.jp/premier/health/articles/20171025/med/00m/010/008000c

October 30, 2017

 今朝、以下の報道がありました。厚生労働省が医師不足対策、偏在是正のために、都道府県の権限を強化しようとしています。

http://www.yomiuri.co.jp/national/20171030-OYT1T50000.html…

 

 記事によれば「医学部入学定員に「地元出身者枠」を設けるよう、都道府県が大学に要請できる」、および「地域の研修病院の定員を決めたりできる」ようになるみたいです。
 
 このような方法は短期的に医師の偏在を改善するかもしれませんが、長期的には弊害が大きいとかんがえます。

 医学部を志望する高校生は多いのに...

August 2, 2017

最近、NEJMに掲載された乳がん研究の舞台裏の話でした。中外と大鵬が反則競争し、医者がどっぷり浸かっている構造が詳細に紹介されていました。京都大学の戸井教授、どう説明するでしょうか。ノバルティス事件から何も反省していないようです。

本文から
「NEJMの記載によれば、助成金を出しているのは一般社団法人「JBCRG」と特定非営利活動法人「先端医療研究支援機構」だ。JBCRGは前出の戸井氏が創設し、現在は大野真司・がん研究会有明病院乳腺センター長が代表理事。理事には乳がん専門の大物医師が名を連ねている。
奇妙なことに、この団体の代表理事・...

October 26, 2016

昨日の参議院厚労委員会で三原じゅんこ議員( 三原 じゅん子 (Junco Mihara) )が、新専門医制度について質問しました。
http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

基幹病院の認定基準の緩和や女性医師への対応について、厚労省の担当者が答弁しました。オープンに議論し、コンセンサスを形成するのは、とてもいいことです。そのためにご尽力いただいた三原議員に心より感謝申し上げます。

新専門医制度の問題は大学教授と厚労省だけの閉鎖的な環境で議論がすすみ、研修する若手医師や地域の医療関係者の...

October 21, 2016

ネパールの研修医アナップ君のレターがランセットに掲載されました。ネパールの医療改革のレポートです。途上国での医学教育利権を取り上げています。

http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(16)31864-5/fulltext

今夏、日本留学中に谷本哲也医師に指導されて書きました。コーディネートは樋口朝霞さん、新村院長をはじめときわ会の皆さんにご支援いただきました。感謝申し上げます。

地道な国際交流ですが、こういう作業を積み上げることで、相互理解が進むと考えて...

October 21, 2016

小杉医師の文章です。彼は埼玉県出身。谷本勉強会で、この問題を議論しました。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/48119
先日、厚労大臣経験者と議論しました。彼は、日本の医師数が増えており、世界の平均より少し少ないだけだと言っていました。問題は偏在であると。
では、埼玉県の問題は、どうやって改善するのでしょうか。人口は720万人。今後、医療需要が急増します。小手先の対応では無理です。

この大臣は、自分で考えたわけではないでしょう。役人の説明を、そのまま話していたかんじでした。
正確な情報を国民に提...

September 2, 2016

昨日から東大医学部の研究不正が報じられています。告発文をいただきましたので、先ほど、ツイッターで公開しました。

何人かの基礎の教授にお見せしましたが、「100%アウト」と口を揃えます。長年にわたり、不正が続いていたことになります。周到にデータをいじっており、悪質です。不正の構造は加藤茂明先生の研究室と同じです。

批判されている門脇孝教授は日本内科学会の理事長。新専門医制度の推進の中核です。私は、彼が不正をしたとは思いません。そんなことする必要がありません。ただ、ボスとして責任があります。果たして、どんな形で責任をとられるのでしょうか。

加...

August 2, 2016

 JPプレスで群大事件を解説しました。

 群馬大学の医療事故が世間を騒がせています。様々な改革案がでているようですが、私は実効性は薄いと感じています。

 問題の本質は人事です。特に教授の人事です。

 専門性の高い医療行為はピア・レビューが欠かせません。私は日本専門医機構の対応にも注目しています。

 吉村博邦理事長は「専門医制度を通じて、国民に対し良質な医療を提供するための諸施策を検討する」ことを講演などで明言しています。

 群馬大学は「拠点病院」に任命されるのでしょうか。各学会が認定してきたら、それを拒否するでしょうか?厚労省ですら、特定機能...

July 18, 2016

7月18日、相馬市の健診が無事に終わりました。今年で6回目です。

438名の方に受診頂きました。震災から時間がたち、被災者の方々の健康が回復していることを実感しました。

相馬市役所、星槎グループ、瀬戸健診クリニックの皆様、さらに駆け付けてくれた多くの方々、お世話になりました。

来年もよろしくお願い申し上げます。

July 12, 2016

7月3日から3週間、千葉、東京、福島の施設を見学、指導を受けます。

帝京ちば総合医療センターでは、血液内科、膠原病について学んでいます。

Please reload

アーカイブ
Please reload

タグ
Please reload